Discography

TOP > Discography > IN A ROOM(Radio of the Day#1)

IN A ROOM (Radio of the Day#1)

¥1800 +TAX [Released:2017.11.22]    by VLZ PRODUKT

1. morning

2. afternoon

3. evening

4. night

5. rainy night

6. midnight – last train

7. goodnight, goodmorning

ライナーノーツ : 佐藤薫(EP-4)

マスタリング : 中村としまる

ジャケットデザイン : 河村康輔

online shop:

https://www.vlzprodukt.com/online-shop-vlz-produkt/

——————————————————————————————————

BCLラジオを複数台使用したパフォーマンスを行う、女性アーティストA.Mizukiによるソロユニット「 Radio ensembles Aiida」の初の作品集が完成した。

「IN A ROOM (Radio of the Day #1 )」というタイトルに表れているように、全ての録音は彼女の部屋で行われた。

日々彼女を取り巻く、朝の鳥の鳴き声、雨音、終電車、そしてPCや様々な電化製品の発する電磁波など全てを取り込んだ、とある日常の中のアンサンブルのDiary。

リレースイッチの電流制御により生まれる硬派かつシンプルなビートや電磁波音響サウンドは、かつて90年代を席巻したPansonicやnoto、mego勢が提示したエラーテクノイズを彷彿とさせる。

しかし、全てのトラックがフィールドレコーディングの手法で行われていることに加え、回転するターンテーブル上に置かれたラジオから発生する立体的なロータリーサウンドが作り出す空間へのアプローチにより、プリミティブかつトライバルな空気感をたたえつつ、日常では通常避けるはずのラジオの発するノイジーなサウンドをより身近なものであると認識出来る、不思議な作品集に仕上がっている。

そしてそれはまるで、彼女がラジオのスイッチをONにした瞬間から発生する引力に引き寄せられ集まった様々なサウンド達が執り行う祝祭の儀式の「現地録音」のようである。

そして、彼女はその中の一員にすぎないのかもしれない、という錯覚さえ覚えるのだが、確実にその場を支配しているのは、やはり彼女なのだと、ふと気づく瞬間が訪れる、非常に魅惑的な音響ノイズ作品である。

日常に溢れる環境音や飛び交う電磁ノイズ全てを引き込む「解放された密室」で精製されたこの音楽は、2017年最新の「都市型フォルクローレ」と呼べるかもしれない。

( VLZ PRODUKT ホームページより引用 )

——————————————————————————————————

This is the first works of “Radio ensembles Aiida”.

She performs using some BCL radio.

All tracks was recorded in her room.

This recording method is “field recording”, Therefore, it contains all the following sounds,cry of birds in the morning, rain sounds, last train, electromagnetic waves emitted from PCs and various electric appliances.

She produces simple beat & electromagnetic sound by current control of the relay switch.

It is reminiscent of error noise approach presented by Pansonic, noto, mego, who swept through the 90’s.

Also, she sets up a radio on a rotating turntable. It creates a very primitive & tribal stereophonic sound.

From the moment she put on the radio, she generates strange attraction.

And it attracts various sounds. This work seems to be a “local recording” of the ceremonial rituals in which those sounds are performed.

This may be called “Urban type Folklore” .

( quoted from VLZ PRODUKT )